SEOコンテンツ作成サービス

なぜ、SEO記事の作成は高額になるのか?

サイト(自社のホームページなど)への集客を目的としたコンテンツ(SEO記事)は「想定以上にコストがかかる」。そう感じたことのある方は、決して少なくないでしょう。「原稿を書くだけなのになぜ? ランサーズクラウドワークスで、ライター募集を見ると1文字1円なんてたくさんあるのに・・・」と事前にライティング価格を調べる方もおられると思います。SEO施作の軸となる記事を企画から原稿作成までみると以下の流れが標準となります。サイトへのアップやレイアウトデザインの工程は含みません。

SEO記事作成手順
一般的なSEO作成の流れ

SEO会社、web制作会社などでは、上記の流れに独自のノウハウが盛り込まれる場合が、多くみられます。

これらのコンテンツ(SEO記事)作成に関わるスタッフは、ライターだけではありません。少なくとも営業担当、ディレクター、校正スタッフ(ディレクターが兼任の場合もある)が加わり3名でひとつのコンテンツ(SEO記事)に携わります。記事の内容によっては、編集者(エディター)や監修者がつく場合もあります。品質の高いコンテンツ(SEO記事)を作成しようとすれば、時間と労力がかかるため、どうしてもある一定以上のコストがかかってきます。

1文字5円〜というコンテンツ(SEO記事)を見かけることもありますが、結局のところ(〜)の部分の積み上げは、お客様の要望次第となります。

アワードのコンテンツ作成は、どのステップからでも作成が可能です。

コンテンツ(SEO記事)作成について、アワードでは、上記のどのステップからでも対応を可能にしています。その理由は、コンテンツ(SEO記事)に関して「分析まではできるけれども、記事の作り込みができない」「アウトラインまではできるが、コンテンツ作成の時間をとることができない」など、お客様のニーズがそれぞれ違うからです。

事例 キーワードからコンテンツライティングを行う場合

キーワードをご指定いただき、そこからコンテンツ(SEO記事)作成を行う手順は以下の通りです。ここではキーワードをシングルマザーとして解説します。

1.最初にキーワードに関わるサジェストワードを抽出

サジェストワード抽出
ラッコキーワードを使用する場合が多い

ここではラッコキーワードを使用していますが、記事の本数などでサジェストワードを検索するツールは変わります。

2.キーワード、サジェストワードのリスト化とクエリ分析を行いグルーピングを実施

キーワードのリスト化
キーワードの洗い出しを行う

実際にサジェストワードで記されたサイトを5位までチェックし、タイトル(title)、キャッチコピー(h1)やリード(description)を確認し、使用されているキーワードを確認します。キーワードの選定は、先頭ワード・主語を基準に考えます。それらをリスト化します(成果品のひとつになります)。

3. キーワードに関わるコンテンツリストを作成

キーワードの分類
カテゴリーを決定

リストからツリー構造を作成します。この時、基本的にはトランザクションクエリ、インフォメーションクエリを軸に、それぞれの掛け合わせも合わせて考えます。その後、カテゴリーに分類し、それぞれの記事タイトルを作成します。実際には、カテゴリーページもSEO対策には必要ですので、カテゴリーに関する記事も作成します。

コンテンツの基本構成と有効な文字数

コンテンツの構成
SEO記事の基本的な流れ

SEO記事の作成に関しては、タイトル(title)、キャッチコピー(h1)やリード(description)、導入原稿、小見出し(h2,h3,必要に応じてh4)本文(text)まとめ原稿のパートで作成します。

記事本文の文字数には正解はありませんが、競争が激しい上位を目指す記事は4000文字〜、上位表示を狙う記事の文字数は1000文字〜、上位を目指さない記事は500文字〜として分類します。

SEOやコンテンツマーケティングに関わる記事制作につきましては、お気軽にお問い合わせページよりご連絡ください。