SEOのキーワード配置と主格化

SEOのキーワード配置と主格化
コンテンツのキーワード
キーワードを入れた文章にしましょう。

キーワードの設定方法 

【AWORD社内報 No.20201201】

みなさんこんにちは。SEOライティングの基本について説明します。まず、キーワードの配置についてです。キーワードは、グーグルの検索において重視すべきポイントであり、配置すべき場所が決まっています。それが、title、H1、descriptionです。H1は見出しのことです。そのページに一つだけにします。ワードプレスでは、概ね、一番最初、冒頭が自動的にH1となっています。titleとdescriptionは、文字入力画面の下の方にあります。

H1の設定
H1はコンテンツにひとつだけ。ワードプレスなら一番上
タイトルとディクスリプションの入力
ワードプレスでは、本文の一番下にある。はじめにを作成した時に入力する

クエリを想定したライティングテクニックでは、キーワード使い方は、いくつかあるのですが、基本的にtitle、H1、descriptionの3ヶ所はマストであると覚えておき、実践してください(それ以外は不要という意味ではありません)。

主語として配置する例

キーワードをtitle、H1、descriptionに配置するときは、文法的な位置付けとしては、基本としてはキーワードは主語や主格として配置してください。飲食店、経営者で、第1キーワードが飲食店、第2キーワードが経営者とした場合は以下のようになります。

飲食店の経営者が・・・・

ここで主語の性質を紹介します。主語とは、それ以外ない!と覚えていてください。例えば、飲食店の経営者は・・・とすると「飲食店の経営者は○○○だけど、スポーツ用品店店の経営者は○○○だよね〜」と言えますね。

飲食店の経営者が・・・・主格になっており、それ以外ない
飲食店の経営者は・・・・主語のようだけど、それ以外も考えられる

「が」という助詞は主格を表します。つまり主語になるのですね。以下は「が」と同じ格助詞です。助詞については、新人のときは、これだけ覚えておけば、まず、ヘンテコな文章にはなりません。表はwikiより

(1)動作や状態の主体、(2)要求や願望の対象を示す。(1)花咲く。(2)水飲みたい。名詞または名詞に準じる語に付く[2]
連用修飾語の動作や状態の主体を表す。/属格 (連体格)手紙/兄書いた手紙体言、用言・助動詞 (「う」「よう」「まい」を除く) の連体形に付く。
必ず動詞とともに用いる。(1)動作の直接的な対象や知覚・思考活動の対象、(2)移動時の経路を示す[3]。(3)移動の起点経由点も示す[3]が、この場合には到着点を想定していない場合となる。(1)本読む。(2)橋渡る。(3)家出る。名詞または名詞に準じる語に付く[3]
名詞および名詞に準じる語、動詞の連用形または、連体形などに付く。物体の存在する場所移動目標点および到達点/相手に視点を置いたときの相手の動作、対象に対する指向性が感じられるときの動作および状態の対象/主体から相手に対し動作や関係が一方的に及ぶ時の相手/動作や作用の行われるときや終わるとき(ただしを示す名詞が必要)/動詞の連用形の場合の目的/状態の主体(副助詞を後に伴う事が多い)と用法の広い格助詞。上代から用いられており、本来の用法は動作や作用が行われる、あるいは存在する、時間的および空間的な位置範囲机の上ある。/駅着く/社員なる。/旅出る。/風吹かれる。体言、準体言 (用言・助動詞の連体形) に付く。動詞の連用形に付く。
用法が狭く、(1)移動の目標、(2)到達点を表す[4]。「に」と区別が曖昧[4]だが、それが物であるときは使いにくい。(1)上投げる。(2)家運ぶ。名詞に付く[4]
(1)共同の相手、(2)作用の結果、(3)引用、(4)並立を示す[5](1)友人食べる。(2)作家なる。(3)「可能性は無限大」声をかけた。(4)外務省総務省内務省体言、体言の資格をつくる助詞「の」に付く。
から動作の主体が経由点としての性格を持つ場合の主体や物事の移動に視点を置いた場合の動作の起点である相手/移動の起点や経由点(到着点が想定されている場合のみ、「」と共に使用される。)/因果関係を問題とした場合の原因/更には材料から完成品への変化の著しい時の材料原料、状態が始まるときなど、経由および経過に関する意味を持つ。六時から始まる/敗北は気の緩みから起こる。/紙は木から作る。体言・準体言 (用言・助動詞の連体形+「の」など)・接続助詞「て」などに付く。
より(1)比較の基準に用いる[6]。(2)起点を表す用法も備えるが、現在は主に文章語となり、「から」と意味が重なっている[6](1)あなたは彼より背が高い。(2)行くよりほかない。体言、準体言 (活用語の連体形、連体形+格助詞「の」) に付く。
(1)団体も含めた複数時の動作の主体や、(2)動作の起こる場所、動作や作用の行われる時や場所、(3)動作の手段仲介物由来、更には材料から完成品への変化の少ない時[要出典]材料原料、(4)動作や状態の継続する期間、継続していた動作の終わるとき、基準境界を表す[7](2)家待つ。(3)木槌打つ。雪遅れる。体言、体言の資格をつくる助詞「の」に付く。

コンテンツ制作に関するお問い合わせ

CTA-IMAGE 株式会社アワードでは、SEOライティング、キラーコンテンツ、LP原稿、e-Book制作など、さまざまなビジネスツールの作成支援を行なっています。
トータルプランニングから個別案件まで、業種・事業規模に関わらずお応えします。
もちろん、Web関連以外でも広告やPRに関わる企画、取材、各種コンテンツ制作を行なっています。お気軽に下記のボタンをクリックしてください。

社内報カテゴリの最新記事