コンテンツマーケティングを成功させる!ライターの選び方

コンテンツマーケティングを成功させる!ライターの選び方

コンテンツマーケティングに適したプロライターとは?

コンテンツマーケティングを成功させるために最も重要なことって何かご存知ですか?

それは、プロライターの選定です。

コンテンツマーケティングを成功させるためには、適切な記事を、定期的に制作・更新し続ける必要があり、スキルや費用対効果の面から考えても、外部のプロライターに依頼することがベストだからです。

実際、大手有名企業のコンテンツマーケティングも記事制作代行サービスを使っていることがほとんど。「中の人」と呼ばれる人さえも、実は外注だった……なんてニュースを、皆さんも見たことがあるかもしれません。

では、記事作成の外部発注を決め、プロのライターに頼む際、どのような部分で選べばいいのでしょうか。

選定時に必要な5つの要素は以下になります。

■経験とデータに裏打ちされた的確なキーワード選定力(SEOの習熟)

■反響の大きな記事を執筆し続けるテクニック

■専門分野(依頼を検討する分野)についての豊富な執筆経験

■コンテンツの目的を理解するチューニング力

■オリジナリティ溢れるライティング力

これから一つずつ、解説していきます。

コンテンツマーケティングを成功させたい方、ライター選びに悩んでいる方はぜひご一読ください。

経験とデータに裏打ちされた的確なキーワード選定力(SEOの習熟)

ライターの選び方
ライター選びの5つのポイント

コンテンツマーケティングは、やみくもに記事を書けばいいというものではありません。かくいう私もコンテンツマーケティング業務を始めた頃は、ただただ量だけを追い求め、記事はたくさんできてもまったく成果がでないということがありました。

重要なのは検索エンジンの上位に掲載されるためSEOの全般的な知識と、それに基づく的確なキーワードの選定・設計力です。この能力がないライターに依頼しては、記事の数だけは増えるけれど、成果は上がらない……という事態になってしまうので要注意です。

反響の大きな記事を執筆し続けるテクニック

反響が大きい記事とは、つまり、読者・ユーザーの満足度が高く、心を動かされる記事のこと。そんな記事は、おのずと検索エンジンの評価も高まり、検索上位に上がるという生のスパイラルが生まれていきます。

反響が大きい記事に欠かせない要素は以下の3つです。

①知りたい情報が書かれている

検索してたどり着いても、知りたい情報が書かれていなければ、読者・ユーザーの満足度は下がります。知りたい情報が適切に掲載されている記事の執筆が求められます。

②受け取りやすい形で書かれている。

知りたい情報が掲載されていても、難しかったり、読みづらかったりすれば、読者・ユーザーの満足度は当然下がります。読者が受け取りやすい形にする力が必要です。

③読んでいて面白い

情報提供だけでとどまらず、「面白い」「ためになった」と感性を揺さぶることができれば、バズります。その仕掛けを考え、常に記事を制作できるライターが不可欠です。

井上ひさしの名言としてもおなじみの

「むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく、ふかいことをおもしろく、おもしろいことをまじめに、まじめなことをゆかいに、そしてゆかいなことはあくまでゆかいに」を体現するライターを選ぶ必要があるのです。

専門分野(依頼を検討する分野)についての豊富な執筆経験

専門的な知識を欲する人に対しては、専門性の高いコンテンツを提供する必要も出てきます。専門的な知識がないからと、うわべだけの知識・情報だけで書いた記事をアップしてしまうと、読者・ユーザーの満足度が得られないばかりが、コンテンツのそのものの信用も揺らいでしまいかねません。

その道に精通しているマニアの人たちが、浅い知識をひけらかす人に嫌悪感を抱くという構図は容易に想像できると思いますが、それと同じことが、コンテンツマーケティングでも言えるのです。

コンテンツの目的を理解するチューニング力

コンテンツの目的を理解していないと、まったく意味のない記事が量産されます。

また、コンテンツマーケティングは生ものです。読者・ユーザーの反応、社会情勢などによって、常にバージョンアップが欠かせません。

そのためには、コンテンツの柱となる目的を理解し、チューニングできる力が必要不可欠です。

読者・ユーザーのための記事が書けるのか、ライターの自己満足に終始した記事になるのかは、このチューニング力がポイントになります。

オリジナリティ溢れるライティング力

Googleをはじめとした検索エンジンは「より役立つ」、「よりオリジナリティが高い」記事に対して高い評価を与え、検索上位にあげます。そのため、コンテンツマーケティングでは、オリジナリティのあるライティングが求められます。何より、自社のサイトに訪れた読者やユーザーは、他の類似サイトも必ず訪れていますので、似たような内容では満足してもらえません。

おそらく皆さんも、あるキーワードで検索した際、コピペした文章が並ぶサイトに幾つも遭遇したことがあると思います。コピペは論外としても、あるサイトの構成や語尾だけを変えたような記事は、案外、大手有名企業のサイトでも見受けられたりします(このサイトがコピペ元になっている可能性もありますが……)。

そういう記事を一つでも載せてしますと、サイトそのものの信用力がなくなってしまいます。

もちろん、記事の内容によっては、データや動かせない事実といった、誰が書いても同じ部分というものも出てきます。

しかし、本当にできるプロのライターは、そこに自分の体験や経験、まったく別の話題との関連性をうまく使ってオリジナルの文章を書き続けます。そういったライターを選ぶ必要があります。

個人ライターではなく
会社組織のプロライターに
頼むべき5つの理由

これまでコンテンツマーケティングで依頼すべきライターの条件を見てきました。しかし、ここでさらに皆さんを迷わせる問題が出てくるはずです。それは個人ライターに頼むべきか、会社組織のライターに頼むべきか問題。結論から言えば、「会社組織のライターに頼むべき」です。その理由は5つあります。

■ライティング能力の担保

■校正・修正の回数が圧倒的に少なくなる

■長期的な原稿執筆・フォローが可能

■テーマに合わせ、最適なプロライターを用意できる

■記事にバリエーションを持たせられる

これらについても解説していきます。

ライティング能力の担保

「ライター」と一言で言っても、そのスキルや経験は様々。最近では空き時間にライター業を行う隙間ライターも大勢います。当然そのライティング力はピンキリ。中には「てにをは」の基礎さえ怪しい人さえ少なくありません。

しかし、会社組織のライターならば、一定水準はクリアしているので、

個人ライターに何人もあたるより、ライター専門の会社に頼めば間違いがないので、ライターを選ぶまでのコストや時間も節約できます。

校正・修正の回数が圧倒的に少なくなる

コンテンツマーケティングのライティングでは、1記事につき4000字は必要です。仮に30記事を執筆するだけでも、12万文字のライティングになります。これだけの執筆をすれば、いかにプロライターと言えども、人間ですから誤字や脱字などは起こり得ます。しかし、個人のライターは自己の校正のみであることが多く、どうしてもミスが放置されたままになりがちです。一方で、会社組織のライターならば、執筆ライターとは別に(多い場合は数名で)校正を行うので、ミスがなくなります。また、校正の段階で、表現や内容、構成で読者がわかりづらいと思われる部分も指摘し、確実に修正されます。結果として、クライアント側の校正・修正依頼の回数が減り、スムーズにコンテンツマーケティングの作業が進行していきます。

長期的な原稿執筆・フォローが可能

コンテンツマーケティングの成功には、長期的かつ継続的な原稿の執筆が不可欠です。個人ライターの場合、他の大型案件が入った場合、調整が非常に困難になり、打合せや執筆に支障をきたす可能性が高いです。

その点、会社組織のライターであれば、仕事の振り分けがしっかり行われているため、長期的な原稿執筆・フォローが100%可能となるのです。

また、家庭の事情や不測の事態で、そのライターが廃業または休業した場合、また新たなライターを探す必要もあります。

この点も、会社組織のライターならば、事前に情報共有が行われていますので、万が一担当ライターが執筆できないという状況になっても、継続的にライティングが可能です。

実際、私たちも過去に個人ライターに仕事を依頼して、途中でドロンされた経験があります……(もちろん私たちの場合は、個人ライターが飛んだ瞬間に社内で急いで体制を調整し、クライアントの希望以上の成果物を納品できましたが)。

テーマに合わせ、最適なプロライターを用意できる

コンテンツマーケティングを執筆するライターには「専門分野(依頼を検討する分野)についての豊富な執筆経験」が必要と述べました。進めたいテーマに造詣の深い個人ライターを探そうとすると、非常に手間がかかります。時間をかけても見つからない場合もあるでしょう。

こちらもライター専門の会社に依頼すれば、最適なライターを必ず見つけることができます。なぜなら、ライター専門の会社は、様々な案件に対応すべく、社内に多彩なライターを擁し、さらに経験豊富な協力ライターとも密なネットワークを築いているからです。

記事にバリエーションを持たせられる

現在は多様性が求められる時代。1つのテーマであっても、様々な視点での記事があることで、多くの共感が得られるコンテンツができます。あるレベルに達したプロのライターならば、1人である程度の書き分けは可能です。しかしながら、一人のライターだけではどうしてもバリエーションが足りなくなる恐れがあります。しかし、ライター専門の会社ならば、前述の通り、多彩なライターが揃っているので、要望に合わせて多様な視点でのライティングが可能になります。

【まとめ】

コンテンツマーケティング のプランを骨格としたら、原稿は筋肉です。力のあるサイトにするには、やはり筋肉に相当する質の高い記事が必要です。理想的には適切なキーワードを選定する能力や執筆経験、専門分野を持っているなど、ライティングにプラスαの付加価値をもっているライターです。安価なことを理由にライターを選定すると、パフォーマンスが上がらずせっかくのプランニングがムダにもなりかねません。本稿が良いライター選びの参考になれば幸いです。

コンテンツマーケティングの経験豊富なプロのライターが集まる

株式会社AWORDなら、貴社の価値を高めるコンテンツマーケティングが実現できます。

ライター集団の株式会社AWORDでは、各種ジャンルのコンテンツマーケティングで経験を持つライターが多数在籍しています。

コンテンツマーケティングを本気で成功させたいと考えている方は、ぜひコンテンツマーケティングの経験豊富なプロのライターが集まる株式会社AWORDに一度ご相談ください。

コンテンツ制作に関するお問い合わせ

CTA-IMAGE 株式会社アワードでは、SEOライティング、キラーコンテンツ、LP原稿、e-Book制作など、さまざまなビジネスツールの作成支援を行なっています。
トータルプランニングから個別案件まで、業種・事業規模に関わらずお応えします。
もちろん、Web関連以外でも広告やPRに関わる企画、取材、各種コンテンツ制作を行なっています。お気軽に下記のボタンをクリックしてください。

コンテンツマーケティングカテゴリの最新記事